ラブ・アンケート   恋ジェル大作戦!

2007年11月19日

森式越冬術兼節約術

昨日書いた続きです。これは前の会社にいた時に、森さんって同じ社員だった人から聞いて、私も20代前半に3年挑戦した越冬術兼節約術です。森さんから聞いたので、私が勝手に森式越冬術兼節約術って付けました。だから特別その辺には出回ってはいませんw。

もう10年も前でしょうか、節約に節約を続けて30歳前に1千万円の貯金があった森さんに、当時どんな節約術をやっているのか聞いて、それを私も実践しました。バカバカしいけど、やり切れば必ず節約は出来ます。ただし、節約した意味が本当にあったかどうかは、その後貯めたお金をどう使うかで変わってきますから注意は必要です。かんたんに遊びに使ってしまうのなら初めからやらない方がいいですよ。それこそ、こんな節約と思うでしょうから…

昨日、灯油代が高いという話をしましたから、この節約は暖房代の節約がメインです。


前置きはこの辺にしてw、では実践へ

これは一人暮らしの人に有効です。まあ、夫婦(家族)でもその気があればやってくださいw。
暖房は当然部屋を暖めるわけですから、部屋の広さで暖房代が変わってきますよね。それと一人暮らしで、日中居ないと部屋が冷えてますから、部屋に帰ってから部屋が温まるには相当の時間が掛かります。時間が掛かれば、暖房代が積みますよね。

だから、暖房する部屋の範囲を狭めます。

どうやって、何で、。

テントです。テントを使って、暖房の範囲を狭めます。
家の中で、冬の間、テント生活します。これで、暖房代を浮かせるのです。

あっ、笑いましたねw

こういうことです。部屋に帰ったら、テント内だけ、とりあえず暖める。
一番いいのは、ドライヤーで暖めます。中でストーブとか使うのはダメですよ。換気できないからキケンですし、火事の心配もあります。
これで、暖まったなというところまでドライヤーでコーゴー(音)してください。ただし、いつまでもやっていると電気代が高くなりますから注意です。

さて、中ではどうやって過ごすのか。脚は寝袋に、上は寒くないよう適宜ですね。森さんはダウンジャケットで、私も森さんに習ってダウンジャケットでした。食事は台所で作ってから中に持ち込んでですね。テントの中では、火を使ってはダメですよ。必ず調理してから運んで下さい。私は、寒い時はよく鍋作って食べましたね。これだと、いい案配に湯気も広がってテントの中も暖かいですよ。

寝る時は、
布団がスッポリ入るテントなら布団でもいいですけど、そのまま寝袋ですね。私は寝袋でした。マットを敷けば背中寒くないですし、ダンボールや新聞紙を上手く重ねてもいいですよ。それと、テントの外側にプチプチシートを貼れば寒くありません。(←全部、少しはあったかいの意)

そうは言っても慣れも必要ですけどね。(寒さに耐える慣れですw)

どうですか、早い話が、冬の間、テント生活するということです。
絶対にお金貯める(暖房代節約して)って気持ちでやらないと、すぐバカらしくなってきますから、やってみようという方は決意をもって挑戦してくださいね。

テレビは小型を入れて見ましたけど、今はパソコンでもOKですね。明かりは、電池式のランプを使いました。その他細かいことはやる人の適宜工夫です。

とりあえず成功すれ、 ひと冬(10月〜4月上旬?)、エアコンを使わない、灯油も焚かない。電気も付けない。これで5万円〜は行けると思いますよ…

恥かしい?

だれも呼ばなければ、だれにも分らないからへっちゃらですよw。
そうそう、テント代と寝袋代は出資と考えてくださいね。

どう、やってみる気ある。なんか、思い出したら笑っちゃう。



posted by 元OL 彩 at 17:53 | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67603432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フォームに入力していくだけの簡単操作ですぐに登録可能!
登録が完了したらすぐに利用できちゃう!
真剣な恋愛、真面目に結婚願望、ちょっと冒険してみよう…
あなたのお好みの出会いはココからスタート!
私も登録してますよ黒ハート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。