ラブ・アンケート   恋ジェル大作戦!

2007年11月21日

掛け算九九

さて、次は掛け算九九です。何年生でやったか覚えていますか。小学校2年生ですよ。

私たちのころは、2の段をやってから3の段と、小さい段から覚えて次の段に移りましたが、
今の子供たちは、掛け算の意味をやったら2X1、3X1…9X1まで、X1を全部終わったらX2へと横にすべての段をいっぺんにやるそうです。
だから、学校でやってくる分には、初めはどの段も覚えるのが中途半端。

そこで、塾では昔やっていたように、2X1〜2X9まで覚えてから、3X1〜3X9と暗記させるようにしています。

こっちの方が覚えるのが早いみたいですよ。学校では、掛け算の意味を理解させる方に重点を置いているみたいですけれども…


掛け算を覚えるポイントをひとつ。

2の段、5の段はカンタンですよね。

3の段、4の段はそれぞれ1日とことんやれば覚えられます。

6、7、8はそれぞれ2日。

そして、最後の9の段は、たったの1分

9X1=9

9X2=18 ↓18
9X3=27 ↓27↑
9X4=36 ↓36↑

9X9=81 ↓81↑

9の段の答えは 10の位が10ずつ増えて、1の位が1ずつ減るんです(下から増える)。

これで、とにかく9の段はすぐ言えます。9の段を覚えるのは、自然と覚えていくでしょうから、ちょっと抵抗を感じるようになる6の段,7の段,8の段とクリアしたら、もう9の段まで終わったのと同じです。

初めに暗記してから、覚えてから中身を理解させてもぜんぜんOKです。クイズにして楽しくやって覚えるのも方法です。子供が覚えられないからといって、親御さんもあせらなくても大丈夫です。


教育ママゴンには、小学校に上がる前から教え込んでいる人もいらっしゃるようですが…


posted by 元OL 彩 at 16:18 | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68082219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

フォームに入力していくだけの簡単操作ですぐに登録可能!
登録が完了したらすぐに利用できちゃう!
真剣な恋愛、真面目に結婚願望、ちょっと冒険してみよう…
あなたのお好みの出会いはココからスタート!
私も登録してますよ黒ハート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。